読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

JIN AKANISHI LIVE 2017 in YOYOGI 〜Rѐsumѐ〜 に行ってきた話

みなさんご無沙汰しております。ぷるぷれです。タイトル通り、5月6日に行ってきた

JIN AKANISHI LIVE 2017 in YOYOGI 〜Rѐsumѐ〜

についてのレポだったり、思ったことをつらつら語っていこうと思います。大学が忙しすぎて今更になっちゃったんだけどね。

単純に自分のための記録用の記事だけど、赤西仁の素晴らしさをみんなにもっと知ってもらいたいし布教したいから最後まで読んでくれると嬉しいな!!!

それと、自分のお気に入りの曲とか、演出が印象的だった曲は特につらつらと語っていくからちょっと気になったな〜って曲があったらぜひぜひ聞いてみてね!!!





会場に入って、いきなり泣いてしまいました、私。(元からかなり涙腺弱いっていうのもあるけど)

今年で独立して4年目になったんだけど、独立したばっかりの頃はちっちゃなホールをまわってツアーしてたから、去年の幕張もそうだし今回の代々木もどんどん会場が大きくなって、ファンで埋め尽くされてる会場を見て、気づいたら泣いてました。胸アツ。


ではここで、セトリを先にのっけておきますね。

1. Eternal
2. 新曲
3. Bass Go Boom
4. MY MP3
5. Yellow Gold
6. A Page
7. Christmas Morning
8. Set Love Free
9. Test Drive
10. That's what she said
11. Aphrodisiac
12. Sun Burns Down
13. Oowah
14. アイナルホウエ
〜MC〜
15. Baby
16. Love Song
17. Baby Girl
18. PAPARATS
19. Mi Amor
20. care
21. We The Party
22. Slow
23. Dayum
24. HEY WHAT'S UP? 〜Choo Choo SHITAIN〜 HEY WHAT'S UP?
25. yesterday(新曲)



こんな感じでーす!それでは、かなり長くなっちゃうだろうけど語っていこうと思います!


しばらくして開演時間になって暗転した後に、一筋のスポットライトに照らされて仁くんが登場!去年の幕張以来、半年ぶりに会えた仁くん!1曲目でEternalを歌ってくれてしょっぱな涙腺が崩壊。しっとりと歌いあげる姿が本当に美しくて、歌声が心にジーンと響いた。私はもちろん、周りのファンの方もビービー泣いてズルズル鼻すすってました。やっぱりみんな大好きEternal!!!

(ちなみに、Eternalはソロになってから初のシングル曲で本人が作詞作曲してます!おまけにカップリングのムラサキが本当に最&高。これも作詞作曲してます。ムラサキといえば!あの!伝説の!ムラサキ記念日!今年ももうすぐだね!気になった人もそうでもない人も!そこのあなた!さぁ今すぐ「ムラサキ記念日」でググってくれ!仁亀はこれ抜きでは語れない。)



3曲目。Bass Go Boom!好き〜これめっちゃ好き〜!最初のC.L.A.P.👏👏👏👏がたまらなく好き!!!そして美しい仁くんのハイトーンボイス!本当に聞いてて気持ちいいんだよね!好き!!!(雑)



4曲目は仁くんの曲の中で大好きで5本の指には絶対入る曲!MY MP3!MCの時間に「MY MP3懐かしいね〜曲のクオリティーが低いから歌うの恥ずかしかった」みたいなことを言ってたけど全くそんなことないよ!!!ここにMY MP3大好きマンがいるよ!!!って心のなかで大絶叫。この曲のぷるぷれ的お気に入りポイントは曲の良さはもちろんだけど、けいぼん(仁くんのマネージャーさんというよりお世話係w)も言ってたようにダンス!!!すっごい好きなんだよね!!!本当にこの曲聞けて嬉しかった!!!



6曲目。A Page!この曲は、、、ただ文字打つだけなのに前奏が流れた瞬間の衝撃を思いだしてしまうよ、、、ふぅーーー落ち着け自分!(誰も待ってない)というのもこの曲、KAT-TUN時代のソロ曲なんです!!!(仁くんKAT-TUN時代のラストシングル「Love yourself」初回盤に収録されてます)まさかこの曲が聞けると思ってなかったから全然泣くような曲じゃないのに泣いてる自分がいました。仁くん曰く、この頃からおかしくなったそうです()でも逆を言えばこの曲があっての今かもしれないよね。



次にインパクト絶大すぎる演出だったChristmas Morning!!!センステがあがった!と思ったら、え?照明下がってきた?なんだこれ!えええ!!!ステージめっちゃ傾いちゃったよ!!!こんな状況で仁くん歌うの?おおお歌ってるーーー!!!!!(語彙力)これを文字で、説明するにはなかなか難しいんだけど会場がザワつくほど圧巻だった!さすが自分の魅せ方を分かってらっしゃる。しかもクリモニは個人的に一時期めっちゃハマって聞いててお気に入りの曲だったし、今回の演出のスゴさもプラスされてますます大好きな曲になった!!!



そんで、だいぶ間すっとばしますけど()20曲目のcare( ; ; )( ; ; )( ; ; )
Jip's全員がこの曲を聞くのを待ち望んでいたと言っても過言ではないよね!!!KAT-TUNの2009年のアルバム「Break the Records -by you & for you-」に収録されている仁くんソロ曲( ; ; )実はね、前回の11月の幕張のときにMC中に仁くんへの質問コーナー的なものがあって「careが聞きたいです」って言った女の子がいたのね。だからそのことをちゃんと忘れないでいてくれた仁くん、なんてファン想いなの!!!( ; ; )今回のライブのタイトルが〜Rѐsumѐ〜だからKAT-TUN時代の曲歌ってくれるのワンチャンあるかもな〜!って行く前にちょっと思ってたんだけど、本当に歌ってくれました( ; ; )careって本当にいい曲。歌詞がすっごい心に響いて染みていくの。しかも、バクステでバンドスタイルで歌ってくれてすんごく!すんごく!カッコよかった、、、案の定号泣でした。care大好き!!!仁くん本当にありがとう!!!



23曲目!Dayum!やっぱ盛り上がるよね〜!曲が大好きなのはもちろんなんだけど、今日お話したいのはこの後のバックダンサーの紹介のこと。ダンサーさんひとりひとりを紹介したあとに、6人のダンサーさんがステージに並んだのね、そのひとりひとりに照らされた照明がKAT-TUNカラーだったの( ; ; )全然泣くようなシチュエーションじゃないのに号泣( ; ; )というかこのコンサート全体的にワイ泣きすぎ( ; ; )MCの時に仁くんが言ってたんだけど、今回のタイトルが〜Rѐsumѐ〜、つまり履歴書だから懐かしい曲とか、赤西ってこんな曲あるんだよっていうのを知ってもらいたい。って。独立して4年目になったけど、彼の履歴書のなかには間違いなくKAT-TUNとして活動していた、ジャニーズに所属していた事実があった。そのことを今回のコンサートという形で振り返ってくれたのはすっごく嬉しかった。MCのときに、ジャニーズ時代は前世の俺だって軽くネタにしてたけどね。もしかしたらあまり過去を振り返りたくないファンの方(Jip's、ハイフンさん含めて)もいるかもしれないけど、私がはじめて出会ったのはKAT-TUN赤西仁だったし、KAT-TUNのAは永遠に赤西仁のAだって思わせてくれたコンサートでした。〜Rѐsumѐ〜ってタイトルだったからこそ実現できたセトリと演出だったと思う。仁くんありがとう。ただただ感謝。



なんかもう締めくくりっぽくなっちゃったけど、2曲目と最後の新曲もすっごい仁くんらしさが詰め込まれてて聞いてて心地いい曲だった!秋か冬くらいに発売されるアルバムに収録されるそうですよ!!!



本当に楽しくて幸せで嬉しさのあまり泣いて泣いて泣いたコンサートでした。やっぱりコンサートっていう空間は楽しいね!本当にものすごい長文になっちゃったけど仁くんの魅力がみなさんに少しでも伝わってればいいな!と思います!


それじゃあ、またね〜

沼に落ちたあの日 KAT-TUNver.

こんばんは。自分のブログ読み返してみると本当に文章力のなさに悲しくなりますね。あは。ふと思ったんだけどはてなブログ難しくない?文字色変えるのとかみんなどうやってるんだろ。。。


さて、今日は予告通りKAT-TUNファンだった頃のお話を書きたいと思いまーす。


KAT-TUNファンだったってことは何度か言ったことあるから知ってる人もいるとは思うけど、詳しく言ったことはたぶんないかな?では、はじまりはじまり〜!


それは遡ること2006年の3月。当時の私が小学2年生にあがる前の春休み中のこと。まだピュアな乙女心を持ち合わせていた頃ですね。はぁ〜懐かしい(遠い目)


その頃、女子小学生のバイブル『ちゃお』を付録目当てに買っていた()ぷるぷれはいつも通りちゃおを買って中のページをパラパラ〜っと適当に眺めていました。


すると、私の目に飛び込んできたのは、


KAT-TUN』の文字と、ギラついたカッコいいお兄さんたち6人の姿。


そこではじめて『KAT-TUN』というグループが存在すること、デビューすること、こんなカッコいい人たちがいるということを知りました。


そして私は赤西仁くんに完全に一目惚れ。というか仁亀の2人に一瞬で心を鷲掴みにされました。キュゥゥゥン💘💘💘(きもい)


(顔が濃くて男くさい人が好きという好きな男性のタイプは小2のときから全くブレてない。さすが私。)


それからKAT-TUNの出る歌番組だったり、ドラマだったり見るようになりました。


でも、小2のときってCD出してることとか、コンサートをやってることとか、まだそういう事務所の仕組み(?)的なことを全然分かってなかったから、テレビを見てかっこいいなぁ〜って思ってるくらいでした。


だから今思えばKAT-TUNファンだったと断言しきってしまうのは正直心苦しいというか…うーん語彙力がないからイマイチこの感情を伝えきれない。ファンだったと言うより応援していましたって言葉のほうが適切なのかな。もちろん当時好きという感情はあったけどね。


それから08年に道明寺に心臓ぶち抜かれる()までKAT-TUNファンでしたとさ。という感じです。


今年で嵐ファンになってから9年経って、その間にKAT-TUNはいろいろあったけど冷めたわけでは決してなくて、自分のなかではいつまでも忘れられない初恋の人(?)的な感覚なんだよね。いつまでも気になっちゃうみたいな。


嵐とKAT-TUNにかけるエネルギーが0:10だったのが8:2くらいになった感じ。


今でもKAT-TUNの曲のほうが自分の好きなテイストの曲が多かったりするのは事実。


KAT-TUNは私のジャニオタ人生の原点。だからね、KAT-TUNの3人、抜けていった3人のこともそっと影から応援しています。


だって私が出会ったKAT-TUNは6人だったから。たぶん一生私はろくーん信者なんだろうな。


まぁ6人のときのKAT-TUNについて語りだしたら本当に夜を越して朝を迎えてしまいそうだからまた次の機会に!KAT-TUNってね、本当にすごいグループなんだよ。私はみんなに彼らのこともっと知ってもらいたいんだ!!!!!


それじゃ、今日はこのへんで👋

沼に落ちたあの日 嵐ver.

こんにちは。今日は 沼に落ちたあの日 嵐ver.ということで、私が嵐ファンになるまで書こうと思います。はじまりはじまり〜!


と、その前に私は嵐ファンになる前に約2年ほどKAT-TUNファンでした(詳しくは次の記事で書くね)


2007年頃、当時小学3年生。女子たちの間で『花男見た?』『嵐ってカッコいいよね〜』なんて会話がチラホラ聞こえるように。


その時の私はまだKAT-TUNに夢中だったので、「へぇ〜嵐っていうグループがあるんだ」ってボンヤリ思ってただけでした。話題になっていた花男も別に興味なかった。


ちなみに、この時の私はまだ相葉さんと大野さんが嵐のメンバーだってことを認識していなかった(申し訳ないっす)


そして、沼に落ちたあの日がやってくる。


それは2008年7月5日土曜日のこと。


私は当時小学4年生。この日は、小学4年生にあがる前の春休みに引っ越してしまった友達が地元に遊びに来るということで当時その友達と仲良かった子たち6、7人くらいのなかなかの大人数である映画を見たんです。


せっかく友達が地元に遊びにくるんだから友達の見たい映画を一緒に見ようという話になりました。その友達は漫画も全巻持っててドラマもずっと見ていてそのシリーズの大ファンでした。


もう何の映画か分かりますよね???


花より男子ファイナル


先ほどもちょっと言ったように、ドラマ放送時はたいして興味なかった花男だけど、初めてじっくり道明寺司を見て、花男の世界に浸って…。


完全に引き込まれていました。本当に💘←この絵文字のように心臓に矢が刺さったみたいに、心臓がギューって締めつけられるような今までに感じたことのない感情をあの2時間で経験しました。


そして映画館を出て思いました。


『私、松本潤が好き。』


たぶん映画見たあとに友達たちとゲーセン行ったりもっと遊んだんだと思うんだけど、そのあとの記憶が全く無いんだよね。不思議なことに。それだけ当時の私には衝撃的な、胸騒ぎがするくらいの恋だったのです。


それから、VS嵐だったりひみつの嵐ちゃんだったり、嵐の出る番組はテレビに食らいつくように見ていました。


それは松本潤を見るためだったけど、いつしか嵐5人のつくりだす空気感だったり仲良しなところにすっかり魅了されていました。


そしてまた時が過ぎ、2009年2月のある朝のこと。


ストーブの前で着替える服をあっためていた時、母に話しかけられました。


母『○○ちゃん、そういえば嵐ファンクラブ入っておいたよ。』


マジのサプライズ報告!!!!!!!!!!
手に持っていた服をぶん回しながら、その場でぴょんぴょん飛びながら朝から大騒ぎしたのを鮮明に覚えています。


その日の学校は一日中嬉しくてニヤニヤが止まらなかったのは言うまでもない。


と、こんな感じでどっぷり沼に落ちました。
ダラダラと書いてしまって申し訳ない。


花男Fを見たあの瞬間から今までずっと一途に松本潤に恋焦がれ続けて今年で9年。時が経つのはあっという間だね〜。本当にあの時花男Fを見てよかった。誘ってくれた友達には本当に感謝しかないね。


以上!沼に落ちたあの日 嵐ver.でした!!!

はじめまして☺

こんにちは。ぷるぷれです。

最近のブログブームにのっかって()私も自己満ブログ始めることにしました〜!

とりあえず暇つぶしになればいいかな〜と思ってるので忙しくなったらあまり更新しなくなると思うし、そもそもいつまで飽きずに続けられるかな???

まぁ言っても自己満ブログなわけだし、のんびり気ままに更新していこうと思いまーす。

これからは嵐のこと、KAT-TUNのこと、今まで手を出してきた()ジャニーズのみなさんのこと、好きなドラマや映画のこと、ディズニーのこと……などいろいろ書いていくつもりです。

次回は私が嵐ファンになるまでを書いていこうかな!それじゃ、バイバーイ👋